診療報酬債権を利用したファクタリングによる事業拡大

  • 診療報酬債権を利用したファクタリングによる事業拡大

    • 診療報酬債権を利用したファクタリングでは、医療機関が受けとることが出来る医療費について、それを担保にして巨額の資金を借り受けます。
      その資金により医療設備をより充実させたりあるいは病床などを増やしたりするなどといった、医療機関の設備充実に充てられることが多いです。
      美容整形などの一部を除いた通常の場合において、医療機関は患者の診察や治療を行ったら医療費を受けとります。


      この医療費については診療報酬で細かく定められており、患者が通院すればするほど診療報酬債権として受けとることが出来る金額も巨額になっていきます。



      受けとることが可能な権利で、この診療報酬債権を持って担保とし、資金を貸し出すような仕組みすなわちファクタリングが出来るようになってきています。
      担保になるものは通常、土地や建物などでしたが、診療報酬債権のように受け取りが将来可能なものもファクタリングの対象になってきています、医療や介護などの社会保養分野では、今後も利用者の数の増大及びお金も巨額なものが動くとみられていて、貸し出しを行う側も一定の安心感を持って行えるものです。



      したがって、貸す側も借りる側にとっても双方にとってメリットがあるやり方であるということができるものでしょう。
      医療機関では、医療設備ですらも非常に高額なものです。



      したがって、資金調達が困難な場合には設備の充実も厳しい状況ですが、このファクタリングの利用で設備の充実なども可能になってきています。


  • 金融をよく学ぶ

    • 医療機関で患者などが医療サービスを受けた際、健康保険に加入していればその料金を全額、支払う必要はありません。窓口では何割か支払い、残りの金額は医療機関が健康保険の保険者に請求することで支払われます。...

  • 知っておきたい常識

    • 資金繰りが苦しくなって行うことは、まずコスト削減です。一般に製造・卸売・小売業は「変動費」、サービス業は「固定費」を減らしなんとかコスト削減を実現します。...

  • よく解る情報

    • 会社の資金繰りが厳しくなったときには様々な方法があります。最も簡単な方法は全てを生産して破産をすることですが、これは最後の手段といえます。...

  • 初心者向き金融

    • 個人事業を手掛けている人の中には税金面で優遇されるため会社設立を行うケースが在ります。会社組織になることで世間からの信頼を得られやすくなるため、資金繰りの時などにも便利です。...

top