診療報酬債権を利用したファクタリングによる事業拡大

  • 様々な資金繰りの方法について

    • 会社の資金繰りが厳しくなったときには様々な方法があります。

      Reuters情報探しに特化した総合サイトです。

      最も簡単な方法は全てを生産して破産をすることですが、これは最後の手段といえます。
      他の資金繰りの方法は追加融資を受けることです。

      銀行や信用組合、国民生活金融公庫や商工ローン、消費者金融などから借りて資金繰りをします。ただし追加融資は、経営者が最初に取る方法ではありません。
      お金を借りても資金繰りの本質的な解決にはなりませんし、融資が受けられないこともあります。
      別の手段として買掛金や売掛金、在庫などの動産を利用した資金調達方法があります。
      現金の出入りでは、買掛金と売掛金がポイントになります。

      買掛金の支払いサイトを月末締めの翌月末から、翌々月末へ変更することで1ヶ月分のキャッシュが改善します。
      これで、支払いを1ヶ月延ばすことが出来ます。


      売掛金の支払いサイトも翌々月末から翌月末へ変更すれば、入金も1カ月早くなります。

      両方の改善が資金調達の効果になります。


      ただ得意先の関係が悪くなったり、頭を下げたりする必要があります。

      ファクタリングの情報をあなたにご紹介いたします。

      得意先との関係は繊細に行い、下手なプライドは捨てて対応した方がよいです。


      売掛金債権を利用した資金調達は、売掛金債権を担保にしてから金融機関から資金調達をします。

      また、売掛金のファクタリングにでも資金が調達できます。ファクタリングは債権買取業者に売掛債権を譲渡して、早めにファクタリング会社から売掛金が回収できるようにします。



      手数料が必要ですがキャッシュフローの改善になります。

      他にも動産(在庫や原材料)を利用した方法もあり、暫く動きがない在庫などの動産を担保にして資金調達をしてキャッシュに変えます。

top